「知らなかった」では済まされない!? 過払い金請求の隠れたリスク・デメリット

これまでのコラムで「払い過ぎていた利息を取り戻せる」という過払い金請求には、いくつかのリスクやデメリットがあることをご説明してきました。今回は、多くの方が見逃してしまいがちな、過払い金請求の「隠れたリスク・デメリット」についてご説明します。

■過払い金請求の「隠れたリスク・デメリット」を知ろう

過払い金請求をした金融会社は利用できない!?

借金を全額返済(完済)した後に過払い金請求をする場合や、借金の返済中に過払い金請求をして、お金を取り戻した場合については、信用情報機関(俗にいうブラックリスト)に事故情報として登録されることはありません。しかし、過払い金請求をした金融会社からは、今後の借り入れやクレジットカードの利用が制限される可能性があります。これについては、金融会社によって対応が異なるため注意が必要です。

誤って事故情報を登録されてしまうことも…

先ほどと同様に、完済後に手続きをした場合や、取り戻した過払い金で借金を完済した場合は、事故情報として登録されることはありません。にも関わらず、金融会社のミスなどによって事故情報として登録されるケースがあります。これこそ、隠れたデメリットです。

事故情報の登録がないはずなのに、ローン審査が通らない、クレジットカードを作れないという場合は、信用情報機関で信用情報を確認してみましょう。万が一、金融会社のミスなどで誤った事故情報が登録されていた場合は、金融会社に申し出れば、登録された事故情報を削除してもらえます。

「自分で手続き」の大きなリスク・デメリット

一般の方にとって、利息の再計算が非常に高いハードルとなることがデメリットです。取引履歴の内容を読み取りながら、利息制限法の上限金利に基づいて金利を計算し直すという作業は、膨大な量の計算が必要になります。ネット上には「自動計算ソフト」といったものも出回っていますが、簡単な計算式を組み込んであるだけで、正確な計算結果は期待できません。
 
ご自身で手続きをする場合、金融会社とのやり取り・交渉も当然ご自身で行います。金融会社によっては交渉に応じてくれないこともありますし、不利な和解条件を提示されることもあります。金融会社からの電話や書類のやり取りがもとで、借金の事実がご家族に知られてしまう可能性もあり、ご自身での手続きはリスク・デメリットが大きいといえます。

■手続きを依頼する前に…悪徳業者に要注意

「過払い金請求の詐欺」にご注意ください。NPO法人を名乗ったり、過払い金請求を行う事務所の紹介をしたりする悪徳業者が存在しますので、くれぐれもご注意ください。なお、過払い金請求などの債務整理については、認定司法書士や弁護士などの資格を持たない者が、手続きを代行することはできません。

■改めて確認しよう!過払い金請求をする意義・メリット

今回のコラムでは、過払い金請求の手続きで見落としがちなデメリットについてご説明していますが、ここで改めて過払い金請求をする意義・メリットを確認しておきましょう。

取り立て・返済をストップできる

過払い金請求の手続きを認定司法書士や弁護士に依頼すると、依頼を受けた専門家は金融会社に対して「受任通知」を発送します。これにより、金融会社からの取り立てと返済を一時的にストップできます。

払い過ぎていた利息を取り戻せる・借金を減額できる

過払い金請求の最大のメリットは、金融会社に対して払い過ぎていた利息を取り戻せるという点です。借金を返済中の場合でも、借金を完済して、さらに手元にお金が戻ってくることもあります。残りの借金が多い場合でも、払い過ぎていた利息分を借金に充当することで、借金を減額することもできます。

信用情報機関に登録されない

すでに借金を完済している方が過払い金請求の手続きをしても、信用情報機関に登録されることはありません。また、返済中の方で、過払い金を取り戻せた場合も信用情報機関に登録されることはありません。

家族などに知られずに手続きができる

過払い金請求の手続きは、金融会社と直接交渉するため、家族などに知られずに手続きを進めることができます。アヴァンス法務事務所では、電話連絡のタイミング、連絡先の電話番号などに最大限配慮しております。

■「もっと知りたい」「検討したい」という方はアヴァンス法務事務所へ

アヴァンス法務事務所は2007年の設立以来、「安易な和解」を良しとせず、お客様に寄り添った解決策を探りながら、過払い金請求・債務整理に取り組んでいます。

これまでに築いてきた23万件以上(※2018年2月現在)の相談実績と、それに基づく確かな経験・ノウハウがありますので、過払い金請求をお考えならアヴァンス法務事務所にご相談ください。

過払い金請求のご不明点、ご不安な点はお気軽にご相談ください。

このページをシェアする