任意整理とは?メリットとデメリットについて考える

住宅ローンやカーローン交際費や急な出費に用立てたキャッシング。問題なく返済できると思っていたのに、「給与やボーナスのカットをされてしまった」「住宅ローンの金利が上がり返済額が増えた」など、予想外の事態にローンの返済が滞ったり、返済のために新たな借金を重ねたり、どんどん借金の悪循環に陥ってしまうというケースも考えられます。そんな借金の悪循環から解放されるための方法のひとつに、「債務整理」があります。

債務整理では、借金の減額や今後の利息の減免などを金融会社と直接交渉します。債務整理にはいくつかの方法があり、その中でも比較的容易に行える方法が「任意整理」です。今回は、そんな「任意整理」の方法やメリットやデメリットをご説明します。

■任意整理は借金の負担を軽くする

任意整理は、裁判所などの公的な機関を通さずに債務者(お金を借りた人)が認定司法書士などの専門家に依頼して、債権者(消費者金融やカード会社)と借金の減額や今後の利息の減免、返済回数について交渉し、月々の返済額と支払総額の負担を軽減してもらえるように交渉します。おおむね、元本のみを3~5年で返済していくというのが一般的です。アヴァンス法務事務所では、認定司法書士が和解交渉を行うため、債務者は複雑な手続きを行う必要はありません。

■任意整理の手続きの流れ

まず、アヴァンス法務事務所にお問い合わせください。認定司法書士が債務状況のご確認を行い、任意整理の流れや注意点についてご説明します。

 任意整理手続きの依頼後、各債権者(カード会社などの金融会社)へ認定司法書士が介入した旨を伝える「受任通知書」が送られ、督促や取り立てが止まります。各債権者へ開示請求をした取引履歴を、利息制限法に基づいて「引き直し計算」を行い、過払い金がないかを調べます。引き直し後の残高に関して、今後の利息の減免や返済回数について交渉を行います。その後、債権者と和解が成立すると返済開始になります。アヴァンスでは、債務整理に関するご相談は何度でも無料です。減額報酬は0円で、平日夜9:00まで、土日祝も相談を受け付けているのでいつでもお気軽にご相談いただけます。

■任意整理のメリット・デメリット

任意整理には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

〈メリット〉
・公的機関(裁判所)を通さないため、家族に内緒で手続きが可能です。
・利息の減免を交渉することで、月々の返済額と支払総額の負担を軽減できる。
・整理する債務、しない債務を選べるので住宅ローンを債務整理の対象から除外することができます。

〈デメリット〉
・返済可能な資金がないと交渉はできない。
・信用情報機関に登録されるため、一定期間は新たな借り入れが制限される可能性があります。

借金の問題から解放されるには債務整理の専門家に依頼することが一番です。「家族や職場に知られるのが怖い」「手続きの費用が心配」など、不安な点があればお気軽にご相談ください。