任意整理の流れをもっと具体的に知りたい!

借金問題を解決する手段のひとつに【任意整理】という方法があります。その任意整理はどのように進んでいくのか?どれぐらいの期間がかかるのか?分からないことも多いかと思います。今回はアヴァンス法務事務所で任意整理を行った場合の流れを具体的にご紹介します。

■まずは任意整理の概要を解説

任意整理という言葉を普段耳にする機会は少ないかと思いますので、まずは任意整理がどういった手続きなのかを解説していきましょう。

任意整理とは、裁判所を通さず金融会社と直接「利息の減免」や「返済回数」について交渉し、月々の返済の負担を軽減する債務整理の方法です。

利息の減免がポイントとなりますので、消費者金融からの借入やキャッシング、リボ払いなど、金利の高い借り入れに対して手続きを行うことで返済の負担を軽減することが可能です。

比較的簡易な方法のため、ご家族に内緒で手続きを進めることが可能です。アヴァンス法務事務所にご依頼いただくお客様の、約8割が任意整理の手続きを選択されています。

■任意整理は具体的にどのように進んでいくのか?

任意整理の進め方は依頼する事務所ごとに異なります。今回はアヴァンス法務事務所に任意整理を依頼した場合にどのように進んでいくのかをご紹介します。お客様のご状況によって差はありますが概ね下記の流れで進んでいきます。

〇お問い合せ

まずはメールやお電話でお問い合せください。電話でのお問い合せは、平日夜9時まで、土日祝も夜7時まで承っております。

また、アヴァンスでは女性のお客様にも安心してお問合せいただけるよう、女性スタッフが対応する女性専用窓口も設けております。女性特有のお悩みにも親身に対応いたします。(女性専用フリーダイヤル:0120-964-664)

〇ご相談・ご面談

債務のご状況や家計の収支などのご状況をお聞かせください。主に下記の内容をお教えいただき、任意整理が可能かどうかを検討させていただきます。あればで結構ですが、借入時の契約書や請求書などがあればご提示ください。

・債務のご状況
「借入先の金融機関」「借入金額」「取引期間」「返済状況」などをお教えください。任意整理は消費者金融からの借入やキャッシング、リボ払いなど、金利の高い借り入れに対して行うことが多いため、借入先のご状況をお伺いします。逆に利息の低い奨学金や住宅ローンなどは任意整理の対象にはなりません。

・家計の収支
任意整理は手続き後に減額された金額で返済を続けていく必要があります。そのため、毎月どれぐらいの金額であれば返済を続けることが可能かを伺います。返済可能額が少ない場合は分割回数を多くするという交渉も必要になります。

どうしても任意整理の減額幅では返済を続けていくことが難しい場合は個人再生や自己破産など、別の方法をご提案させていただきます。

・ご不明点、ご不安な点
任意整理はほとんどの方は初めてで、分からないことも多いかと思います。ご不安なことがございましたら遠慮なくお聞きください。

「家族や職場に知られたくない」「車を残したい」「住宅ローンはどうなるのか?」「クレジットカードがないと困る」といったご相談をよく頂きます。どのように対処すればいいかも併せてご提案させていただきます。

ご相談は何度でも無料ですので、後からご不明な点に気づかれた場合もいつでもお問合せください。その都度、お答えさせていただきます。

〇委任契約

方針決定後、お客様とアヴァンス法務事務所の間で、正式に契約を結びます。委任契約後、各債権者に「受任通知」が発送され、金融会社からの督促と返済が一時的に止まります。

※「受任通知」とは、認定司法書士や弁護士が債務者(お客様)の代理人として債務整理を行う旨を通知する書面のことをいいます。受任通知を受け取った債権者は直接、債務者(お客様)に取り立てを行うことは法律で禁止されています。

〇取引履歴の開示請求

正確な債務額を確定させるため、これまでの取引履歴を取り寄せます。この段階で、「過払い金」が発生していないかどうかの調査も行います。ここでお客様にご対応いただくことは何もありません。

〇和解交渉

アヴァンス法務事務所がお客様の代理人として、月々の返済の負担を軽くできるように、金融会社と「利息の減免」「返済期間」について交渉します。

〇和解成立・返済再開

金融会社との和解が成立した後は、減額された返済額で再び返済を開始します。ここまでに必要な期間は、概ね4~6ヶ月となります。

〇返済再開後のサポート

借入先が複数ある場合は返済の管理が難しくなります。そのため、アヴァンスでお客様の返済を一括管理させていただくことが可能です。アヴァンスに毎月、一括でお振込みいただけましたら、各債権者への振り込みを代行いたします。また、この場合は委任契約が続いている状態になりますので、万が一、返済が滞った場合はお客様に代わってアヴァンスが対応させていただきますので安心です。

■任意整理の手続き中に注意すべきこと、やってはいけないこと

任意整理の手続きをしている途中で、以下のようなことはしないようにしましょう。手続きが進まないだけではなく、和解交渉が成立しないという危険性もあります。

・新たな借り入れをする
任意整理を行っている最中に、別の借金を増やしてしまっては借金問題の根本的な解決が遠のいてしまいます。任意整理をすると信用情報機関に事故情報が載るため(俗に言うブラックリスト)新たな借り入れが難しくなります。

だからと言って「ヤミ金」から借りるということは絶対にやめてください。法外な利息を請求されるだけでなく、違法な取り立てをされたりと、借金問題を深刻化させてしまいます。

・任意整理の手続きをしているクレジットカードを使い続ける
任意整理では「借金の総額」を確定させる必要があります。任意整理の手続きを行っているクレジットカードを使い続けていると債務額が確定できず、手続きが進まなくなります。また、「任意整理をする前提での借入」を疑われ、交渉が困難になることもあります。

■任意整理のわからないこと、不安なこと、何でもご相談ください

任意整理はほとんどのかたは初めてで、分からないことも多いかと思います。アヴァンス法務事務所では任意整理のメリット・デメリットも含めてしっかりご説明させていただきます。相談料は何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。

関連記事

このページをシェアする