債務整理中に借り入れをするリスク

債務整理には【任意整理】【個人再生】【自己破産】があり、どの方法を取ったとしても、手続き開始後は新たな借り入れが難しくなります。また、手続き終了後も5年~10年程度はローンを組む、新しくクレジットカードを作るといったことが難しくなります。

ですが、債務整理を検討中のお客様の中には、急な出費や足りない生活費を補うために、借り入れをしたいと考えている方もいらっしゃいます。債務整理の手続き中は、仮に、借り入れができたとしてもデメリットが多く危険です。今回は、債務整理中の借り入れがなぜ難しいのか、なぜ危険なのかを解説します。

■なぜ、債務整理をすると借り入れが難しくなるのか

債務整理をすることで借り入れが難しくなるのは、信用情報機関に事故情報が登録されるためです。 

この信用情報機関とは、金融会社とお客様との契約内容や返済状況などの情報を管理・提供している機関で、延滞や債務整理を行った事実が事故情報として登録されます。この事故情報は俗にブラックリストと言われています。
 
信用情報は金融会社がお客様にお金を貸すかどうかの判断材料のひとつにしますので、信用情報機関に事故情報が載っている場合は、借り入れが難しい可能性が高いです。

「将来、住宅ローンを組みたい」「借り入れができなくなると困る」という理由から債務整理を躊躇されるお客様もいらっしゃいます。しかし、信用情報機関には、借り入れ状況も登録されているため、借入件数や借入金額が多い場合は、「この人には返済能力が無い」と金融会社に判断され、債務整理をしてもしなくても新たな借り入れが難しい可能性があります。

また、債務整理を行っても事故情報が一生、登録されるわけではありません。登録される期間は概ね5年から10年程度です。早めに借金問題を解決してから住宅ローンなどを検討されるほうが近道になるのではないでしょうか。

※信用情報機関に事故情報が載ることを懸念して、債務整理を先延ばしにした結果、状況が悪化してしまったというケースが多くみられます。借金問題は早めのご相談が解決への近道です。

■債務整理中に借り入れをしてしまうとどうなるのか?

債務整理の手続きが進まなくなる

時々、見受けられるのが、債務整理の手続き対象のクレジットカードを使い続けてしまうことです。水道料金や電気料金のクレジットカードの引き落としを止めていなかったり、買い物に利用し続けるなどもしてはいけません。

債務整理を行うには、正確な債務額を確定させる必要があります。しかし、クレジットカードを使い続けると正確な金額が計算できないため、債務整理の手続きを進めることができなくなってしまいます。また、「債務整理を行う前提で借り入れをしている」とみなされ、債務整理自体ができなくなる危険性もあり、最悪の場合は詐欺行為で訴えられる可能性もありますので注意しましょう。

借金問題を深刻化させてしまう

債務整理中は、仮に借り入れができたとしても、その借金を返せるかどうか考えてみましょう。債務整理を行っているということは、すでに借金の返済が困難になっているということです。そこへさらに借金を重ねても返済することが難しいはずです。これは返せない借金を増やしてしまうことになり、借金問題を深刻化させてしまいます。

このように、債務整理中に新たな借り入れを行ってしまうと、借金をさらに増やしてしまうだけでなく、金融会社との和解交渉が難しくなったり、裁判所に生活再建の見込みが無いと判断され、個人再生や自己破産が認められないなどのリスクが大きく、借金問題の解決が遠のいてしまいます。そのため、アヴァンス法務事務所では債務整理の手続きを開始した後は新たな借り入れをしないようにお願いしています。

■闇金には絶対に手を出さないで!

正規の金融会社から借りられないからと言って、闇金には絶対に手を出さないようにしましょう。借金を増やさないことはもちろんですが、闇金からお金を借りてしまうと、家族や職場に連絡をするなど違法な取り立てをされたり、法外な利息を請求されるなど、さらに深刻な状況になってしまいます。

また、闇金と気づかずに借りてしまうケースも時々見受けられます。「審査不要」「即日融資」などの宣伝文句につられて借りてしまうことの無いように注意しましょう。下記のように闇金からお金を借りてしまったというご相談も時々お聞きしますので、闇金には絶対に手を出さないように注意してください。

違法な利息を請求される

トイチ(10日で1割)などテレビや漫画などで聞いたことがあるでしょうか。トイチを年利で換算すると365%になります。このように利息制限法で定められた上限利息の20%を大幅に超えた高い金利で借り入れをしてしまうことになります。

完済しても返済を求められ続ける

「まだ少額の残高が残っている」「まだ完済していない」などと、あれこれ理由をつけて延々と返済を求められることがあります。

押し貸し

闇金業者が勝手にお客様の口座にお金を振り込み、法外な高い利息を請求してくる悪質な行為です。闇金業者と関わってしまうとこのようなケースに巻き込まれてしまいます。

携帯電話を契約させられる

新しい携帯電話を契約させ、その携帯と引き換えに貸し付けを行う闇金業者がいます。携帯代金の負担が増えるだけでなく、闇金業者に渡したスマートフォンが犯罪に使われると、犯罪に加担したことになってしまう危険性もあります。

■借金問題を解決させることが最優先

新たな借り入れが難しくなるからと、債務整理を躊躇される方もいらっしゃいます。ですが、将来の借金よりも、今ある借金問題の解決を優先させることをおすすめします。

借金の返済が苦しい状況でさらに借り入れを重ねてしまうと、どんどん借金問題が深刻化・長期化してしまいます。現在の借金が苦しくなっているのであれば、ご相談だけでも結構ですので、アヴァンス法務事務所にご相談ください。

アヴァンス法務事務所では、お客様の生活状況や家計の収支をお伺いし、最適な方針をご提案致します。

関連記事

このページをシェアする